ありがとうがいっぱい書かれた400種以上のグッズです。プレゼントにも最適です。

わくわくロータス推奨本

わくわくロータス推奨本


推奨1 読んで得する本です

当ショップで販売しています

神に近づくには波長を合わせればいい

「神に近づくには波長を合わせればいい」
著者:保江邦夫VS山本光輝
出版社:(株)風雲舎
税込価格:1728円

◎音霊一つ一つに神が宿る
◎神はえこひいき。神に愛される人はとことん愛される
◎いろは呼吸書法で花粉症が消える。いじめが消えた   
◎言霊で神がその場に顕現する    
◎人体は言霊の集合体。言霊を発することで細胞が活性化し  病気やマイナスが消える。             
◎神の働きかけが、色々な人に、色々な場所に起きている
◎耳を澄ませ、波長を合わせ、神を感じる
◎絶対調和は退屈でつまらない。神は事を起こして、僕らを楽しませる。
◎だから「いま」が大事。いまを楽しむ


注文数


推奨2 読んで得する本です
当ショップで販売しています

この素晴らしき「気」の世界

この素晴らしき「気」の世界
著者:清水義久
出版社:(株)風雲舎
税込価格:1728円

あなたの人生を豊かにするヒントがいっぱいの本です
気を読み、気を動かし、事象を変える
宇宙そのものになった人、宝くじに当たる秘密、「あけましておめでとう」という呪術
気の向こうに精霊が舞い降りる22のストーリー。
年明けの儀式
1月1日になった瞬間にこう宣言する。「あけましておめでとうございます」!この1年が幸せになりましたことを、そのことを助けていただいたすべての存在に感謝させていただきます。ありがとうございました。
暗かった不幸をすべて闇に閉じ込めて、この1年幸せになりましたと、過去形で未来に確定申告する。「あけましておめでとうございます」は素晴らしい呪術の儀式なのだ。(本文から)


注文数


わくわくロータスの推奨BOOK
普段の食生活の中で、信頼していた食品がこんなに体に負担をかけていた!

食に添う人に添う

タイトル:食に添う 人に添う
著者:青木紀代美 食といのちを守る会代表
出版社:(株)風雲舎
風雲舎は正観さんの本では「宇宙方程式の研究」「釈迦の教えは感謝だった」「淡々と生きる」があります。
税込価格:1728円
著者がはじめて授かった子供が1700グラムの未熟児でした。子供が健やかに、人並みに成長するようにと、安心して飲める牛乳探しが始まります。そこで学んだのが「より安全でより安心な食べ物が出回っていないという現実でした      以来、米、有精卵、野菜、味噌、醤油などの安心安全な、まっとうな食べ物を求め45年
この本には集めた、まっとうな食べ物についての知恵がいっぱい詰まっています
本書を読んで「よくぞ書いた」「すばらしかった」「こんな人がまだこの世にいるのか」「お母さんの想いに泣けた」「魂を感じた」と激賞されています


注文数


推奨BOOK その2

余命1ヵ月のガンが消えた!

遺伝子スイッチ・オンの奇跡

タイトル:遺伝子スイッチ・オンの奇跡
著者:工藤房美 余命1ヵ月と告げられた主婦
出版社:(株)風雲舎
「生命の暗号」でご存知の村上和雄(筑波大学名誉教授)さんのご推奨の本です
税込価格:1512円
3児の母。48才で子宮ガンを発病。手術も出来ないほど進行しており、放射線治療、抗がん剤治療を受けるが、肺と肝臓に転移が見つかり、「余命1ヵ月」と宣告される
その病床で村上和雄著「生命の暗号」に出会い、遺伝子の働きに深い感銘を受け、60兆個の細胞に感謝し、抜け落ちた髪の毛1本1本にも「ありがとう」を言い続ける。10ヵ月後全身からガンはきれいに消えたのです
毎日、ありがとうの実践をしているあなたも、ありがとうのすごさの再認識にどうぞ


注文数


推奨BOOK その3

僕はエネルギー体です

タイトル:僕はエネルギー体です
著者:神原康弥 <天の声を聴く詩人>
出版社:(株)風雲舎
税込価格:1512円
動けないし喋れない。でも、妖精や精霊と話せるし、天の声も聴こえる

著者の神原康弥さんは25歳の青年。2歳半のとき、「脳症」宣告された。以来、動けない、しゃべれない。重度の障がい者。だから、自分で自分をダメ人間だと思っていた
でも、著者はこんなことができる。浮遊霊と話せる。妖精や精霊と会話できる。「あそこに行こう」と思って意識を集中すると、そこへ飛ぶ。時間も空間も超え、あっちこっちへ飛んだ。こうして「宇宙根源」と出会ったり、昔の偉い人や、著名人の声も聴いた退屈しのぎに、10年後、100年後の世界も見てきただんだん、宇宙のことや、地球や人間のことがわかってきた。そんなことを人に話すと、「へえ、そうなの」と聞いてくれる人が増えた。誰かに何かを相談されると、著者はその人の魂と会話する。魂のほうが、本人の事情に詳しいことが多いから。魂と会話することを「リーディング」という。リーディングの内容を本人に伝えると、なるほどと納得してくれた。こうしてセミナーや講演会で話す(指談という方法で)ことが多くなった。もうダメ人間ではない。そこには、宇宙的な叡智が溢れている


注文数

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

「ありがとうグッズ」「小林正観グッズ」「プレゼントグッズ」 「小林正観の本」「小林正観の講演CD」「小林正観ありがとうグッズ」 「すべて送料無料」「ありがとうグッズ通販」